英語力はコロナ時代も有利に!英語ができるビジネスパーソンの平均年収は上昇傾向|ビジネス英語|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター
高品質なマンツーマン英会話レッスンを無料体験

ビジネス英語

英語力はコロナ時代も有利に!英語ができるビジネスパーソンの平均年収は上昇傾向

英語力はコロナ時代も有利に!英語ができるビジネスパーソンの平均年収は上昇傾向

新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、働き方や生活様式などさまざまな変化が起こり、以前までの「普通」が普通ではなくなって、1年以上が経過しました。

行動が制限され、将来何が起こるか分からないということの現実味を実感したことで、働き方や生活など、以前は忙しくて考えることができていなかった部分に目を向けるようになったという方も少なくありません。

自分の時間を多く持てるようになったことで、今できることとしてキャリアアップやスキルアップを考えている方も多いのではないでしょうか。

今回は、先行きの不安な状況が続くコロナ時代においても、ビジネスパーソンが英語力を身につけることがおすすめである理由をご紹介します。

海外に行くことが難しい今でも英語は必要

新型コロナが世界中で猛威を振るっている現在、ビジネスか旅行かにかかわらず海外に行くことが難しくなっています。そのため、活用する場がないから英語はすぐに必要ないという意見もあります。

たしかに、海外への移動が制限され、訪日外国人数も急激に減少する中で、英語を使う場面は想像しにくいかもしれませんが、英語力をまったく活かすことができないかと言われれば、そうではありません。

インバウンド需要が落ち込んでしまって大打撃を受けている旅行・観光業では、コロナ終息後の旅行先として日本を選んでもらえるように、積極的に海外へのアピールを進めている事業者もありますし、外出が制限される中で、海外へ新たな販路を見出して開拓を進める事業者もあります。

また、日本企業がそうであるように、海外の企業も新たな販路獲得や商品・サービスを求めて日本企業と取引をしたいと考えています。そして、ビジネスの現場で取引をする際に重要なのが、英語でビジネスのコミュニケーションをとれることなので、英語力の高い人材はコロナ禍においても、求められる人材になっています。

英語ができるビジネスパーソンの年収傾向

グローバル人材向けの転職求人サイトDaijob.comを運営しているヒューマングローバルタレント株式会社が2020年11月に発表した調査結果によると、コロナ前とコロナ後の比較では、TOEIC®スコア475~730点の日常会話レベルでも、TOEIC®735点以上のビジネスレベルでも、20代から50代までの全年代で年収がアップしていることが分かりました。

特に、ビジネスレベルの高い英語力を持つ50代のビジネスパーソンにおいては、コロナ後はコロナ前と比べて83万円も増加する結果になりました。コロナ後の転職市場では、英語力をはじめとしたビジネススキルやビジネス経験を持った「即戦力として活躍することができる人材」を求める傾向が、コロナ前よりも一層強まったと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。コロナ禍で先行きが不透明な現在、人流を制限するための措置が取られたり、在宅勤務ができる環境の中で、自分のスキルやキャリアについて考えている方は、海外に行けないコロナ禍でも高い英語力を持つビジネスパーソンは求められているということを念頭に置いて、今後のスキルアッププランやキャリアプランを描いてみてください。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、英語学習者の英語レベルやニーズにマッチする様々なプランが用意されているので、自分の目標やライフスタイルに合ったペースで英語学習を進めることができます。

ロゼッタストーン・ラーニングセンターが気になった方は、ぜひ一度資料請求や自宅で受けられる無料体験レッスンをお申し込みください。

【通学・オンラインどちらのレッスンタイプも選べます!】

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る

高品質なマンツーマン英会話レッスンを無料体験
Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ