社会人に必須!英語プレゼンを成功させる3つのコツ|ビジネス英語|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

ビジネス英語

社会人に必須!英語プレゼンを成功させる3つのコツ

英語学習をしているみなさんの中には、海外出張や海外のクライアントとのやり取りのために、英語学習をしている方も少なくないでしょう。外国人材の雇用を促進しようという流れもあり、仕事で英語を使う機会は今後ますます増えることが見込まれています。これからの時代、英語でのプレゼン能力は当たり前のスキルとなっていくと言っても過言ではありません。今回は、仕事で英語プレゼンをすることになったときに、プレゼンを成功させるための3つのコツをご紹介します。

英語プレゼンを成功させるコツ

日本人が英語プレゼンをする際に意識することで、プレゼンの質がグッと上がるポイントを3つご紹介します。

  • スライドはシンプルに!
  • ジェスチャー&アイコンタクトは必須!
  • 流暢さよりも伝わりやすさ

スライドはシンプルに!

最初のポイントは、「スライドはシンプルに!」です。日本人が作成するスライドは、スライドの配布資料を読めば内容を全て把握できるほど、詳細な説明が書かれていることが多く、その結果、スライドが文字で埋め尽くされてしまうことがあります。

しかし、英語のプレゼンにおけるスライドは、あくまで発表の発言を補足するもので、非常にシンプルな構成になっており、要点しか書かれていません。英語プレゼンではスピーキングが非常に重要であり、スピーキングで足りない部分や伝えるべき要点のみをスライドに盛り込むという意識で、可能な限りシンプルなスライドにするよう心がけましょう。

ジェスチャー&アイコンタクトは必須!

次のポイントは、「ジェスチャー&アイコンタクトは必須!」です。日本人はジェスチャーが苦手で、ずっと下を向いてひたすら棒読みで原稿を読んでしまいがちです。しかし、そのプレゼンの仕方では、発表内容がいくら良くてもプレゼンを聞いている人を惹きつけることはできませんし、退屈させてしまいます。日本人の感覚では少しオーバーかなと感じるくらいがちょうどいいので、意識的にジェスチャーをするようにしましょう。

また、発言をする際には下を向かずに顔を上げ、聞いている人にアイコンタクトをするようにしましょう。ジェスチャーで動きを持たせ、発表者からも視線を向けることで、プレゼンをしっかりと聞いてもらえるようになります。

流暢さよりも伝わりやすさ

最後のポイントは、「流暢さよりも伝わりやすさ」です。英語ネイティブではない日本人が英語でプレゼンをすることになった際に、ネイティブのように流暢に早く話そうと意識しすぎるあまり、かえって聞き取りにくい話し方になってしまう人がいます。

たしかに、あまりにカタカナ英語すぎていたり、抑揚がまったくない棒読みになってしまっていたりでは困りますが、一番大切なのはプレゼンで伝えたい内容をきちんと伝えることです。1分間に何語話せるかという流暢さにこだわるのではなく、伝わりやすさを大切にして発表するようにしましょう。そのためには、総合的な英語力を養う必要があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。英語プレゼンをする際に、意識することでプレゼンの質を上げ、プレゼンを成功させるコツを3つご紹介しました。しかし、英語プレゼンで必要な効果的なジェスチャーや英語プレゼンの構成力、伝わりやすいスピーキングスキルなどは、なかなか独学では習得しづらいものです。英会話スクールなどを活用することで、効率的に学ぶことができるので、英語プレゼンのスキルを身につけたい方は、検討してみてはいかがでしょうか。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、目的に合わせた内容を学習できる目的別レギュラープランを用意しています。経験豊富な講師とのマンツーマンレッスンで、英語プレゼンの「構成力」から効果的な「スピーキング」まで、短期間で身につけることができます。

仕事で英語プレゼンをすることがある方や、今後を見据えて英語でのプレゼンスキルを身につけたい方は、ぜひ一度資料請求や無料体験をお申し込みください。

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ