英語学習の効率を高めるために必要な3つの力とは?|英語学習法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習法

英語学習の効率を高めるために必要な3つの力とは?

「英語学習」と一口に言っても、英文を暗唱したり、問題集を解いたりなど学習の方法は様々です。みなさんも自身の目的や興味に合わせて英語学習を進めていることかと思います。しかし、その中で学習に行き詰まったり、成長を実感できずにいたり、ということはありませんか。その原因はもしかすると、ある「3つの力」が不足しているからかもしれません。
そこで今回は、英語学習の効率を上げるためにも、確認しておきたい3つの英語力をご紹介します。

1.英語学習の効率を高める3つの力

英語力を磨くためには欠かすことのできない力が3つあり、それらが不十分なままだとどれだけ頑張っても学習が上手く進まず、結果として、英語学習にストレスを感じてしまうことにも繋がります。逆に言えば、それらを身につけることで、みなさんの英語習得スピードも加速していきます。

そのためにも押さえておきたいのが以下の3つの力です。

  1. 単語力
  2. 文法力
  3. 発音力

詳しくみていきましょう。

1-1.単語力

英語を学ぶ上でどうしても欠かせないのが単語力です。単語を知らなければ、英語を読むことも話すことも出来ません。知らない単語が多いと辞書を引く回数も増え、そのたびに学習がストップしてしまうので効率も悪くなります。単語の暗記を苦痛に感じる人も多いかとは思いますが、単語力を上げるためには、やはり単語集などを使って一気に語彙を増やすことが欠かせません。

単語は「1日に10個ずつ絶対覚えよう!」と意気込むとその緊張感からか記憶力が低下したり、ストレスになったりしてしまいます。そうならないために、まずは1日に100個の単語に目を通してみましょう。その時に単語を覚えようとはせずに、「丁寧に読む」ことだけに集中してください。そして、翌日、3日後、そして1週間後といったように少しずつ間隔をあけて同じページを見直していきます。このように、単語を「忘れそうなときに見直して思い出す」という作業を繰り返し、その単語に出会う回数が増えていく中で自然とその単語が身についていきます。

また、既に知っている単語、例えば"take"はinやoff、その他の前置詞などと一緒に使うことで意味が変わってきます。こうした簡単な単語を疎かにせず、改めて見直すことも大切です。

1-2.文法力

どれだけ単語を知っていても、文法に誤りがあると情報を上手く理解できず誤解が生じることがあります。もちろん、円滑なコミュニケーションを行うためにも文法はきちんと理解しておく必要があります。

文法学習に欠かせない"文法書"には「分詞」や「現在完了進行形」などといった難しい言葉が並んでいます。学習者の中には、そうした日本語に惑わされて混乱してしまう人たちも少なくはありません。しかし、私たちが日本語を話すときに文法用語を考えていないのと同様に、ネイティブスピーカーたちも英語を話すときに文法用語のことなどは気にしていません。それよりも、その英文の順序や法則に慣れることが大切です。

文法書はかなりの厚みがあるため、最初から最後まで読むには多くの時間と労力を要します。そのため、文法書は一旦置いておき、まずは文法の問題集を解いてみましょう。学習に慣れていないうちは、答え合わせをし、理解できていないところを文法書で確認していくという学習スタイルがおすすめです。これから英語学習を始める人や文法に自信がない人たちは、まずは中学英語の文法の問題集を用意し、それらを理解できているか確認してみてください。そこから順にレベルを上げていき、自身のつまずきポイントを発見して強化していきましょう。

1-3.発音力

みなさんは、"right"と"light"、"see"と"she"を区別して正しく発音することができますか。これらをきちんと発声するためには、それぞれ舌の位置や口の形が重要となってきます。また、英語を話すときにアクセントやリズムが上手くできていないと非常に聞き取りづらく、せっかく正しい単語や文法で英語を話していても、相手に十分に伝わらないということも。英語には日本語とは異なる口の動きやリズムがありますので、しっかりと発音を練習する必要があります。

また、文字だけで英語を勉強していると、英語を聞いたときに即座に内容の理解が出来ません。発音を勉強することは「聞く力」の向上にも繋がります。発音を鍛えるためには、正しい英語を聞き、何度も口に出すことが大切です。その際、自身の英語を録音して聞き返してみるとさらに効果的です。

2.3つの力の強化には継続が必須

英語は、一度見たり聞いたりしただけでは覚えることが出来ません。子どもが言葉を覚えていく過程と同じように、大人も何度も同じ表現に出会うことで英語を身についていきます。そのため、英語力を強化するには、毎日英語に触れることが欠かせません。何事も「継続」するのは大変なことですが、目標を設定したり、英語学習仲間を作ったり、また、自身にご褒美を用意したりなどして英語へのモチベーションを維持しながら学習を継続することがポイントです。

3.まとめ

今回紹介した単語・文法・発音の3つの力は英語力の基礎となるものです。英語学習の方法は様々ありますが、まずはこの3つの力をきちんと押さえておくことが英語学習の効率を高め、「英語ができる自分」になるための近道となります。これから英語学習を始める人や英語力の伸びが実感できずに悩んでいた人は、ぜひ参考にしてください。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、日本人英語学習者の特徴を知り尽くしている講師が授業を行うので、日本人がつまずきやすいポイントを把握しており、受講生に足りていない部分を指摘してくれます。他にも英語学習を強力にサポートする仕組みも備えていますので、興味のある方は、ぜひ一度資料請求や自宅で受けられる無料体験レッスンをお申し込みください。

【通学・オンラインどちらのレッスンタイプも選べます!】

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ