英語学習を継続するのがきつい...というあなたにおすすめ!英語を日常に取り入れる5つのコツ|英語学習法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習法

英語学習を継続するのがきつい...というあなたにおすすめ!英語を日常に取り入れる5つのコツ

「英語の勉強を始めたものの、なかなか続かない」これは多くの英語学習者が直面する問題です。では、英語学習を長年続けている人たちはどのようにしてこの壁を乗り越えているのでしょうか。英語の勉強というと、机に向かって単語をひたすら暗記したり、問題集をひたすら解いたりすることを想像する人も少なくないと思いますが、それだけが英語の勉強ではありません。もっと自由なスタイルで学べるのが英語の魅力です。英語学習を継続している人たちはこのメリットを上手く活用しているのです。
そこで今回は、英語を「学習」だと身構えることなく、気軽にライフスタイルに取り入れる方法をご紹介します。

英語を日常に取り入れる5つのコツ

すぐに実行できる「英語を日常に取り入れるコツ」を5つご用意しました。
1つずつ詳しく見ていきましょう。

  1. スマホの設定を英語に設定してみる
  2. 英語で日記をつけてみる
  3. 考え事を英語に置き換えてみる
  4. 好きな映画を英語で観てみる
  5. 気になることを英語で調べてみる

1.スマホの設定を英語に設定してみる

今や生活必需品となっているスマートフォン(スマホ)。通勤途中や就寝前のベッドの中、さらにはテレビCMの間など、ほんのちょっとしたスキマ時間にもスマホを使っているという方も多いのではないでしょうか。こんなにも日常的によく使うものを英語学習に使わない手はありません。早速、思い切ってスマホの言語設定を英語に変えてみましょう。すると、「設定」がSettings、「電卓」がCalculatorというように、表示が英語に変わります。アプリの位置などは変わらないので不自由することなく使えるはずです。このようなちょっとしたことでも英語を目にする回数が増えることで、英語を意識するようになります。

2.英語で日記をつけてみる

日記となると身構えてしまう方もいるかもしれませんが、最初は1行でも構いません。例えば、「今日は蒸し暑かった。」だけでも良いのです。もし、「蒸し暑い」という表現が分からなかったら辞書などを使って調べてみましょう。「蒸し暑い」は"hot and humid"なので、「今日は蒸し暑かった。」は"It was hot and humid today."となります。これだけでも1つ表現を覚えることができます。また、調べる過程で"muggy"などの同じ意味の他の表現を学べることもあります。

他にも「靴を買った。」「歯が痛くなった。」「明日は美術館に行くつもりだ。」など書くことは何でも構いません。これらをどのように書けばいいのか分からない時は、英語辞書の例文などを参考にしてください。慣れてくると自然と文章量も増え、英語で言える表現も増えていきます。

3.考え事を英語に置き換えてみる

「明日はどんな服を着ていこうかな」「どのようにプレゼンしようかな」など、日常生活での考え事は尽きません。それは、それだけ英語にするネタがあるということです。そこで、せっかくなので、これらの考え事を英語でしてみましょう。分からない表現や単語があるかもしれませんが、ここで大切なのは、自分の知っている表現だけでなんとか英文を完成させてみることです。これを続けることによって英語で物事を考える癖がつき、伝える力も磨かれていきます。

さらに、時間に余裕のある時は、上手く英語が出てこなかった表現などを調べて確認しましょう。「わからない」が「わかる」に変わるというのはとても貴重な経験で、ひと手間かけて覚えたことは記憶に残りやすくなります。このように、「わかる」を増やしていくことが英語力アップに繋がります。

4.好きな映画を英語で観てみる

最近の洋画は、人気のある日本の俳優さんたちが吹き替えを担当していることもあり、吹き替え版で楽しんでいる方も多いかと思います。しかし、「英語」に興味を持っているのであれば、ぜひ英語で映画を観ることにも挑戦してみましょう。既に日本語版で観ている作品であれば内容が分かっているので、字幕や英語にアタフタすることなく気軽に観られるはずです。

また、少し上級者になってくると、吹き替え版との表現の違いなどを発見することも楽しみの1つとなります。日本語吹き替え版で気に入っていたセリフを英語で確認したり、「カッコイイ」と思った表現をスマホや手帳に書き留めたりしてみましょう。それを見返すたびに、そのシーンと英語が思い出されて自然とその表現を覚えることができます。

5.気になることを英語で調べてみる

例えば、夕食の準備のために肉じゃがのレシピを日本語で調べたとします。そうしたら、次に英語で「nikujaga recipe」と検索してみましょう。すると、英語で書かれた肉じゃがのレシピが多数出てきますので、その中の1つを読んでみましょう。そうすることで、食材や調味料、調理法などの英語を学ぶことができます。料理のレシピはTOEICの長文問題などで出題されることもありますので、慣れておいて損はありません。

また、歴史上の人物や好きなアニメのキャラクターなどを英語で検索してみるのもおすすめです。元々ある程度の知識があることを調べているので、多少分からない英語があっても想像しながら読み進められます。自分が興味を持っていることなので、楽しみながら知識と英語力をアップさせることが出来ます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。英語を日常生活に取り入れることで、英語に触れる機会がグッと増えていき、英語を調べる機会も必然的に増えます。それにより、単純に暗記するよりも記憶に定着しやすくなったり、モチベーションや学習意欲を向上したりすることにも繋がります。英語学習に行き詰まっていた方は、ぜひこれらの方法を取り入れてみてください。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、日本人英語学習者の特徴を知り尽くした講師と、キャリアナビゲーターが二人三脚でしっかりとサポートするので、モチベーション維持や日常に英語を取り入れる方法など、気軽に相談してみてください。

ロゼッタストーン・ラーニングセンターに興味がある方は、ぜひ一度資料請求や自宅で受けられる無料体験レッスンをお申し込みください。

【通学・オンラインどちらのレッスンタイプも選べます!】

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ