英単語を知らないと伝えられない!短期間でボキャブラリーを増やす英単語暗記の5つのコツ|英語学習法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習法

英単語を知らないと伝えられない!短期間でボキャブラリーを増やす英単語暗記の5つのコツ

海外の人と話している時に、「伝えたいことはあるのに単語が出てこない」という経験をした人もいるのではないでしょうか。英語を学ぶ上で、単語力は大切です。とはいえ、英単語の暗記は根気と時間が必要なイメージがあり、あまり気が進まないと感じる人も多いことでしょう。今回は、短時間でボキャブラリーを増やすための、英単語暗記のコツについてまとめました。

英会話に必要なのは語彙力

英語学習において、いかに多くの英単語を覚えることができるかは英語力アップにつながる重要なポイントです。知っている単語を並べることで、なんとなく言いたいことが相手に伝わることもあれば、相手の言っていることが完全にはわからなくても聞き取れた単語をつなぎ合わせて内容を推測することもできるでしょう。「わからない単語は文脈から推測」とよく言われることですが、ある程度の語彙力がないと推測も難しいものです。語彙力をつけることが、円滑な英語コミュニケーションへの大切なキーポイントなのです。

英単語を覚える5つのコツ

「どうすれば英単語を効果的に覚えられるか」「英単語を短時間で覚えるコツは?」このような疑問は、英語を勉強した人であれば1度は考えたことがあるのではないでしょうか。学生時代にノートに何度も英単語を書いて覚えた経験のある人も多いことでしょう。しかし、ノートに何度も書いた単語を今はいくつくらい覚えているでしょうか?英単語を覚えてもすぐ忘れてしまっては意味がありませんし、何年も時間をかけることはもちろんできれば避けたいものです。ここでは、できるだけ短時間で単語を覚え記憶に定着できるコツを紹介します。

  • 音で覚える
  • イメージと結びつけて覚える
  • センテンスで覚える
  • 語源で覚える
  • 英英辞典を使う

音で覚える

英単語は音で覚えると効果的です。覚えたい単語の音源を聞いて、できれば同じように発音してみましょう。この時、英単語とその意味を一致させながら聞くのがポイントです。

聞くだけではスペルを覚えられない、と心配する人もいるかもしれませんが、単語を聞いて意味を理解し発音することができれば、スペルは推測できる単語がほとんどです。

また、単語を書くよりも、聞く方が時間がかからないので、同じ時間でより多くの単語を聞くことができます。空いた時間を使って、何度も繰り返し単語を聞くようにしましょう。繰り返し続けることにより、すぐに忘れてしまうことなく、単語を覚えておくことができるようになります。

イメージと結びつけて覚える

英単語を覚える時は、単語をイメージ(映像)で認識すると記憶に定着しやすくなります。

例えば、"exhausted(疲れ切った、ヘトヘトになった)"という単語を例に考えてみましょう。"exhausted"という単語を聞いて「疲れ切った、ヘトヘトになった」と日本語訳を頭の中で思い浮かべるのではなく、ヘトヘトになった人や疲れ切った人をイメージします。疲れ切った自分または知っている人など、身近な場面をイメージするとより効果的です。

言葉よりもイメージは記憶に残りやすく、イメージで覚えた単語は思い出しやすいのも特徴です。また、単語をイメージと結びつけて覚えることにより、その単語を見たり聞いたりした時に一瞬でイメージが浮かぶので、速読やリスニング力アップにもつながります。

センテンスで覚える

英単語は、できるだけセンテンスで覚えるようにしましょう。単語だけでなく例文などを使って覚えることにより、その単語の使い方やニュアンスがわかるようになります。

また、複数の意味を持つ英単語などは、どのような場面でどのように使うのかを理解することができるようになります。小さい子供を想像してみてください。小さい子供は、単語1つ1つではなく大人が話す文章の中からそれぞれの言葉の意味や使い方を学びます。これは、英語を勉強する人にとっても同じことです。

センテンスの方が単語単体より長くなるのでその分時間がかかるのでは?と心配する必要もありません。例文を使ってシチュエーションと結びつけて覚えることの方が、より簡単に短時間で覚えることができ、記憶にも残りやすくなります。

語源で覚える

英単語の語源の意味を理解して効率的に単語を覚えるのもおすすめです。語源で覚えるとは、英単語をパーツに分解し、それぞれのパーツの語源を理解することによりその英単語の意味を推測する方法です。

英単語は接頭辞、語根、接尾辞の3つのパーツに分けられます。これらの語源を理解すると、共通する語源を持つ単語の意味を芋づる式に覚えることができます。

例えば"subtract"は、"sub(下に)"と"tract(引っ張る)"のパーツに分けられます。「下に引っ張る」→下に引き下げる→引き算する、となります。同じ"sub(下に)"のパーツを持つ単語"subway"は"sub(下に)"と"way(道)"で「下の道、地下道」の意味があり、そこから「地下鉄」も連想しやすくなります。

このように、いくつかのパーツの語源を覚えることにより、そのパーツを有する単語を推測できるので、短時間でより多くの英単語を覚えることができます。

英英辞典を使う

英語中級・上級者には、英語を英語で説明している英英辞典を使って英単語を学習するのもいいでしょう。

英語で英語の意味を調べることにより、英語独特のニュアンスが感覚的に身につき、英語を英語で理解することに慣れてくると、速読やリスニング力アップにもつながります。

英英辞典で英単語を覚える際は、説明文や例文に出てくる類義語も一緒に覚えるようにすると、短時間でより多くの単語を覚えることができるのでおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。英単語を短時間で効果的に覚える方法について紹介しました。英単語の暗記は「英単語をひたすら書いて覚える」という従来の学習法では、時間も労力もかけたにもかかわらず、すぐに忘れてしまうということもあり、あまり効果を期待できません。今回ご紹介した方法を組み合わせて、自分に合った英単語学習で、効率的に英単語暗記に取り組んでみてはいかがでしょうか。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、日本人英語学習者の特徴をよく知っている講師が、学習法のことなどにも相談に乗ってくれるので、自分に合った学習法を探すのに不安がある方にもおすすめです。
ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)に興味がある方は、ぜひ一度資料請求や無料体験をお申し込みください。

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を確認する

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ