英語の勉強に集中できている?短い時間でしっかり成果を上げる3つの方法|英語学習法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習法

英語の勉強に集中できている?短い時間でしっかり成果を上げる3つの方法

いざ、英語の勉強を始めたものの「なかなか集中できない」「集中が続かない」ということはありませんか。私たちは毎日、仕事にプライベートにと大忙しです。だからこそ勉強をするときはしっかりと集中し、短い時間でもいかに成果をあげられるかがポイントとなってきます。では、それを実践するためにはどのようにすればいいのでしょうか。今回は、英語学習に集中できない理由を再確認するとともに、勉強に集中するための効果的な方法をご紹介します。

なぜ、英語の勉強に集中できないのか?

まずは、英語の勉強に集中できない理由をみていきましょう。

1.SNSやマンガなど誘惑が多い

最近では、SNSや動画サイトなどにも英語学習に関する情報が多くあります。最初はそれらを活用して英語学習をしていたはずなのに、気づけば友人や芸能人の投稿に釘付けになってしまっていたということはありませんか。また、部屋を片付けようとたまたま手にしたマンガや雑誌を、いつの間にか読み漁ってしまっていたなんてこともよくあることです。

2.黙読中に眠くなる

読んでいる英文の内容が難しかったり、日頃の疲れがたまっていたりするとどうしても睡魔が襲ってきます。英会話の練習であれば口を動かしたりすることができますが、筆記試験対策の勉強のためには黙読をすることも大切なことです。ですが、せっかく勉強しようと机に向かったにも関わらず、眠くて集中ができないというのは非常にもったいないことです。

3.勉強中に他のことを考えてしまう

英文を読んでいる最中に、その英文の内容から過去の出来事などを思い出してしまい、そのことに思いを馳せてしまうというようなことはありませんか。また、週末の予定が気になって、そのための準備を始めてしまう方も少なくはありません。そして、後になってから、「この時間に勉強をしていたら、単語20個は覚えられたかもしれないのに...」などと後悔してしまうのです。

英語の勉強に集中するには

では、英語の勉強に集中するにはどうすればいいのでしょうか。3つの方法をご紹介します。

  1. 気になるモノが目に入らない学習環境づくり
  2. 時間を決めて休憩をはさむ
  3. TOEICに申込み、計画を立てて追い込む

1.気になるモノが目に入らない学習環境づくり

机の上には勉強に必要なものだけを置きます。テレビのリモコンやマンガなど、不要なモノは離れた場所に置いておきましょう。最近では、リスニング音源の再生や辞書の代わりとしてスマートフォンを活用する方も増えてきました。

しかし、そのスマートフォンからのSNSの通知などが勉強に集中できない原因の一つになることもあります。その場合は、スマートフォンを使うのをやめて手の届かない場所に置き、CDプレイヤーや電子辞書などそれぞれの機器を使用した方がよいでしょう。

また、自宅だとテレビや趣味のモノなどの誘惑が多くあるので、カフェや図書館など、自宅以外の場所で勉強するのもおすすめです。

2.時間を決めて休憩をはさむ

「勉強しよう!」と意気込むのはいいことですが、疲れた頭や眠気と戦いながら長い時間勉強するのは非効率です。「2ページ分の問題を30分で解こう」「1時間頑張ったら休憩しよう」などと時間を区切ることでメリハリがつき、自身が決めた時間まで集中することができます。

また、このように時間を意識することで、英語の問題を解くときのペースを図ることができ、試験対策にも非常に役立ちます。そして、集中して頑張ったあとはしっかり休憩をとります。

ただし、その休憩が長くなりすぎないように、休憩も「10分」などと時間を決めておきましょう。程よく休憩することで頭と体がリフレッシュされて、また新たな気持ちで集中して英語に向き合うことができます。

3.TOEICに申込み、計画を立てて追い込む

試験に申し込んだからには、その時の英語に対する情熱や試験勉強に費やす時間、費用を無駄にしないためにも頑張るしかありません。例えば、「3か月後に試験を受ける」と決めたのであれば、「最初の1か月で単語帳を使って語彙力を伸ばす、翌月に試験対策本で勉強する、ラスト1か月は過去問を解きまくる」といったようなスケジュールを立てることができます。

また、この計画に基づいて勉強をするために、さらに1週間毎の勉強スケジュールを立てていくと、試験までにやらなければいけないことが明確になります。ここまでくれば、あとはそれらをこなすために時間を作ってひたすら勉強するしかありません。

毎日の生活の中で、考え事や悩み事はあるかもしれませんが、試験までの期間はそれらを控えて、勉強できるときにはとにかく英語に集中しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。英語の勉強に集中し、短時間で成果をあげる方法を3つご紹介しました。これらに加えて英会話スクールに通うことで、レッスンのたびに思う存分英語に集中することができますし、英語に対してのモチベーションアップにもつながります。貴重な時間を無駄にしないためにも、勉強中は英語に集中し、確かな成果を出しましょう。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、親会社であり企業の組織活性化コンサルティングを手がけている東証一部上場企業、リンクアンドモチベーショングループのノウハウも活かし、科学的な知見からモチベーション向上に向けたサポートを行っています。「挫折させない」をコンセプトに、専任のキャリアナビゲーターと日本人の英語学習者を知り尽くした講師が二人三脚で受講生一人一人の英語学習をサポートし、目標の達成までをサポートしています。少しでも興味がある方はぜひ一度RSLCの無料体験レッスンにお越しください!

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ