【英語学習の習慣を作る】英語学習1か月目の学習ロードマップ|英語学習法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英語学習法

【英語学習の習慣を作る】英語学習1か月目の学習ロードマップ

英語学習を始めたばかりの方は英語に対する熱意はあるものの、学習方法が分からずに気持ちと行動が空回りしてしまいがちです。英語学習も「はじめ」が肝心で、そこを誤ると早々に挫折してしまうということにもなりかねません。そこで今回は、英語への熱意が溢れる今だからこそ知っておきたい英語学習のポイントをお教えします。

英語学習1か月目の3つのポイント

英語を始めようと思っている方や始めたばかりの方はとても学習意欲に満ちています。しかし、英語学習を続けていく中ではその新鮮で前向きな気持ちを持ち続けることは難しく、次第に英語から遠ざかってしまうという方も少なくはありません。今後、長く英語と付き合っていくためにも、最初の1か月間は非常に重要な時期と言えます。ここからは、英語学習の良いスタートを切るために押さえておくべき3つのことをご紹介します。

  1. 学習目標を定めよう
  2. 英語学習を習慣化しよう
  3. 自分の英語レベルを把握しよう

1.学習目標を定めよう

「英語学習を決めたきっかけや理由は何ですか?」英語学習を始めたばかりの皆さんはすぐに答えられる質問かもしれませんが、学習を続けていくにつれて目の前の課題に追われたり、壁にぶち当たったりすることで、当初の英語学習の目標を見失い、学習を止めてしまう方も少なくはありません。英語学習を続けていくためには、目標を掲げ続けることも重要となってきます。

また、目標は「TOEICで高得点を取る」といった曖昧なものよりも、「1年後にTOEIC800点取得」「3年後に通訳デビューをする」などといったように目標を叶えるまでの期限や試験のスコアなどの詳細も入れることでより明確になり、モチベーションも維持させやすくなります。

人は定めた目標以上のことは、そう簡単にできるようになりません。雑念に惑わされることなく大きな目標を設定できるのは、英語学習を始めたばかりでフレッシュな気持ちを持っている皆さんの特権でもあります。早速、明確な英語学習の目標を定めて、目につきやすいところに掲げてみましょう。

2.英語学習を習慣化しよう

社会人にもなると、朝起きて会社に行って...という自身のライフスタイルが定まっていることでしょう。しかし、英語学習を始めるためには、そこに新たに「英語の時間」を加える必要があります。時間や体力に余裕があり、英語への熱意があるうちは英語学習にも意欲的になりますが、疲れた日には英語学習を休んでしまい、気づけば英語から遠ざかってしまったということもよくある話です。

そんな状況を避けるためにもおすすめしたいのが、英語学習を習慣化してしまうことです。英語学習が歯磨きや入浴と同様に、習慣としてライフスタイルに溶け込むことができれば、自然と体が英語に向かうようになっていきます。

英語学習を習慣化する具体的な方法としては、「朝起きてすぐ」「通勤時間」「寝る前」など英語学習をする時間を決めてしまうことです。最初は5分でもいいので、その決めた時間に英語学習を行いましょう。次第にその時間に英語学習することが習慣となり、そのことが英語を続けていく上での大きな支えとなります。

3.自分の英語レベルを把握しよう

皆さんは、自分の英語レベルを把握していますか?人はそれぞれに英語力が異なり、それによって英語学習のスタート地点も違ってきます。

現在の英語力が分からないという方や、学生時代に習った英語をきちんと覚えているか自信がないという方は、まずは中学生・高校生用の英語の問題集などが解けるか確認してみましょう。このように力試しをすることで苦手な箇所が明確になり、これからの英語学習の課題が明確になります。

中には、「今さら中学生用の英語の問題集なんて...」と思われる方もいるかもしれませんが、基礎ができていないまま応用に取り組むのは、効率の悪い学習方法となり、かなりの負担になります。無理をせず一歩一歩確実に進んでいくことが、結果的に英語力アップの近道にもなります。

「1日3時間の学習時間で1年間」で1,000時間

日本人が英語を習得するためには1,000時間程度の学習時間が必要だと言われています。ただ単に「1,000時間」と聞くと途方もないように感じますが、1,000時間を1年間365日で割ると、1日3時間になります。

3時間と言えば、家と会社の往復(片道1時間だとして往復で合計2時間)と早朝や帰宅後に1時間勉強することで達成することができます。このようにまとまった時間を取ることが難しい場合でも、スキマ時間を上手く活用することで、1日の中で3時間の学習時間を確保することは可能となります。

まずは、最初の1か月で90時間の英語学習を目指してみましょう。その中で英語学習が定着していき、それだけの努力を重ねたことが翌月以降の自信にも繋がっていきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。英語を身につけるにはそれなりの期間が必要で、そのためには英語学習の継続が重要となってきます。その「継続」を実行するためにも、学習始めの1か月は英語学習を定着させる大切な時期です。

「早く英語を習得したい」と焦る気持ちもあるかと思いますが、半年後、1年後を見据えながらまずは英語の基盤固めと英語学習の習慣化を進めていきましょう。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、受講生一人ひとりにモチベーション診断を実施し、その結果を分析することで、陥りやすい挫折ポイントを把握します。また、目標設定を行うコミットメント面談や、学習進捗や挫折傾向になっていないかを確認するための定期的なマイルストーン面談を行い、「挫折させない」英語学習を実現させます。

ロゼッタストーン・ラーニングセンターが気になった方は、ぜひ一度資料請求や自宅で受けられる無料体験レッスンをお申し込みください。

【通学・オンラインどちらのレッスンタイプも選べます!】

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ