英会話スクールに通うなら知っておきたい!学習効率を最大限に高めるコツ|英会話スクール活用法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

ロゼッタストーン・ラーニングセンター

MENU

英会話スクール活用法

英会話スクールに通うなら知っておきたい!学習効率を最大限に高めるコツ

プロ講師による英語指導を受けられる英会話スクールは、英語力を磨きたいみなさんにとって心強い存在です。しかし残念ながら、ただ単に「英会話スクールに通うだけ」ではなかなか英会話力は伸びず、さらにはスクールに通う時間やコストを無駄にしてしまうことにもなりかねません。では、どのようにすれば英会話スクールでの学習効果を高めることができるのでしょうか。そこで今回は、英会話スクールの賢い活用術をお教えします。

英会話スクールの学習効率を高めるコツ

英会話スクールでは、講師やスタッフが皆さんの英語学習を全力でサポートします。しかし、そのような英会話スクールのメリットを最大限に活かせるかどうかは皆さんの行動にもかかっています。
ここからは、英会話スクールでの「当日のレッスン前~次回レッスンまで」に実践していただきたいことを順に6つご紹介します。

  1. レッスン内容を先読みする
  2. 失敗を恐れない
  3. 疑問を残さない
  4. 当日のうちに習ったことを思い出す
  5. 復習は音読重視
  6. 基本的な単語・文法は自ら学んでおく

1.レッスン内容を先読みする

レッスンでは、最初にその日のトピックで使用する単語やフレーズを習います。しかし、初めて見た単語やフレーズを急に覚えるのは難しく、焦ってしまいます。そうなるとその場をこなすのに必死になり、アタフタしているうちにレッスンが終わってしまうということにもなりかねません。

また、レッスンのトピックによっては、"What was the most memorable place you've visited?"(今まで行った中で一番記憶に残っている場所はどこですか)といったように皆さんの思い出や過去のことなどを聞かれることもあります。その時に「今までで一番の場所?えっと...。」などと英語と関係のないことで悩んで時間をかけるのも避けたいことです。落ち着いて英語に集中するためにも、レッスン前にテキストに目を通し、心づもりをしておきましょう。

2.失敗を恐れない

レッスン時間は学びの場であると同時に、現在の英会話力を試す場でもあります。そこで自信がないからと小さな声でボソボソと話していたのでは、講師が口の動きや形、細かな発音などをチェックしづらくなってしまいます。

レッスンは誤りを正してもらい、アドバイスをもらう絶好の機会です。発言するときは、発音やイントネーションなどにも気を配りながら大きな声で発言しましょう。そうすることで、英会話に必要な"度胸"もついてきます。

3.疑問を残さない

レッスン中、分からなくなると黙ってしまったり、分かっているふりをしてしまったりするという方も少なくはありません。しかし、ここで思い出してください。英会話スクールの最大のメリットは、プロの講師に英語を教えてもらえることです。それを上手く利用しないことほどもったいないことはありません。

分からない箇所があるときや質問したいときに使えるフレーズを2つご紹介しますので、活用してみてください。

・I'm sorry. I'm afraid I don't know how to answer.
(すみません。どう答えればいいのかわかりません。)

・I'm sorry. I don't understand. Would you rephrase that please?
(すみません。理解できないので言い換えてもらえますか?)

4.当日のうちに習ったことを思い出す

人は時間が経てば経つほど物事を忘れていってしまいます。スクールで学んだことを忘れないためにも復習は早くするに越したことはありません。

まずは、レッスン当日の夜にテキストを開き、レッスン内容を思い出しましょう。また、習ったことを日記やSNSに書いたり、誰かに話したりとアウトプットをすることでレッスン内容がより記憶に残りやすくなります。

また、このようにアウトプットをしてみることで理解したつもりだったけど理解できていなかったということに気づくこともあります。そのような場合には、次回レッスン時に必ず確認するようにしましょう。

5.復習は音読重視

音読とは声に出して英文を読むことです。英文を読むために「目」を使い、声に出すために「口」を使います。また、正しい音声や自身の声を確かめるために「耳」も使います。そのため、音読は非常に効率の良い学習法だと言えます。しかし、ただ単に英文を声に出すだけではあまり効果はありません。以下に、学習効果を高める音読の手順をご紹介します。

<音読の手順>


  1. CDなどがある場合、その音源を聞きながらテキストの英文を目で追う

  2. 英文の音源を1文ずつ一旦停止し、リピート(音読)する

  3. 音源と同時に音読する

  4. テキストから目を離し、その英文をスムーズに言えるまで何度も声に出して練習する

音読するときにはネイティブになりきり、発音やイントネーションにも気をつけて英語を身体に馴染ませるようにしましょう。

6.基本的な単語・文法は自ら学んでおく

基本的な単語や文法を知っているのとそうでないのとでは、レッスンの習得スピードにも大きな差が出てきます。英会話力を鍛えるためには、単語力や文法力は欠かせません。単語や文法に自信のない方は、中学英語や高校英語を理解できているのか問題集などで確認し、力不足を感じた場合はそれを補うように自ら学んでおきましょう。このように英語の基礎をしっかりと固めていくことで、レッスンでの学びの効果もさらに高まっていきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。英会話スクールでの学習効率を高めるためには、レッスン中はもちろんのこと、レッスン前後の時間の過ごし方も重要となってきます。決して、受け身な気持ちや態度ではなく、英語力アップのために「英会話スクールを利用してやるぞ!」という積極的な気持ちで英会話スクールを活用してください。また、音読をする際には、正しい発音やイントネーションで練習をしないと、誤った発音が身についてしまいますので、発音に自信がないという方は、発音やイントネーションを重点的にトレーニングすることができる英語発音矯正スクールの利用も検討してみてください。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、日本人英語学習者の特性を知り尽くしている講師とキャリアナビゲーターが二人三脚で、受講者の目標達成のためにしっかりとサポートを行います。発音に不安があるという方は、英語発音矯正スクールのハミングバードもチェックしてみてください。

ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)や英語発音矯正スクールハミングバードが気になった方は、ぜひ一度資料請求や自宅で受けられる無料体験レッスンをお申し込みください。

【通学・オンラインどちらのレッスンタイプも選べます!】

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る
【詳細ページ】英語発音矯正スクール ハミングバードの詳細を見る

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ