社会人が英語をマスターするために必要な勉強時間とは?|英語学習法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

英語学習法

社会人が英語をマスターするために必要な勉強時間とは?

英語学習をしようと思っていても、社会人の方にとって勉強時間を確保することは難しいものです。「勉強したくても、時間がない...」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、社会人が英語を習得するために必要な勉強時間と、学習する前の心構え、勉強方法について解説していきます。

社会人が英語をマスターするために必要な勉強時間は?

英語学習をするうえで、「どれだけの時間学習したら英語を習得できるのだろうか」と思ったことはありませんか?この疑問に対して、多くの専門家や英会話スクールは「1,000時間」程度の学習時間が必要だと述べています。

FSI(The Foreign Service Institute:外務職員局)の調査データによると、英語を母語とする政府関係者が各言語の習得に要した時間では、日本語の習得には2,200時間程度が必要だとされています。このFSIの調査結果は、英語を母国語とする人たちが他言語を習得するのに必要だとされている時間ですが、逆に、英語以外の言語を母国語とする人たちが英語を習得するのにも同程度の学習時間が必要だと考えられています。

個人差はあれ、日本では中学・高校・大学などを通して1,000時間程度の英語学習をしており、社会人が英語を習得するには残るおよそ1,000時間程度の学習が必要ということになります。

1,000時間と聞くと途方もない時間のように思えますが、1日3時間の勉強を継続すると1年かかる計算になります。学習を始める際の熱量で勉強時間は大きく変動するので、まずは高いモチベーションを保つようにしましょう。

学習前に取り組むべき3つのこと

1.学習の目標を決める

まずは「何のために英語を学ぶか」明確な目標を決めましょう。具体的な目標を立てなければ語学学習の継続は難しくなります。学習をはじめたばかりの頃は、小さく細分化した目標をコツコツと積み上げていくのが重要です。「TOEICで800点をクリアしたい」、「字幕なしで洋画を楽しみたい」、「ネイティブスピーカーと楽しく会話できるようになりたい」など、自分がなりたい理想像を具体的にイメージするとよいでしょう。

2.目標から逆算して勉強時間を算出する

次にするべきことは勉強時間の確保です。社会人は仕事や家事などでなかなか勉強時間が取りづらいですが、まずは30分でもいいので机に向かう時間を取りましょう。またスキマ時間を勉強に充てるのも有効です。移動時間や待ち時間を英単語やリスニングなどのインプットに充てると、より学習効果が高まります。

3.自分に合った勉強法を作る

自分に合った勉強方法を見つけるのはとても大事です。テレビを見ながら、洗い物をしながらなどの"ながら勉強"も取り入れてみるのもいいですね。自宅での勉強が難しい場合は環境を変えてお気に入りのカフェや図書館、レンタル可能な自習室など、自分が落ち着いて勉強できる場所に身を移すのも効果的です。「ここに来たら勉強する!」とスイッチを入れると、いつもとは違う環境との相乗効果が時間をより濃密なものにしてくれるでしょう。

独学では上記のようなプランを立てて勉強するのが基本です。続いては、独学のメリット・デメリットを解説していきます。

独学のメリット

1.自分のペースで勉強できる

たとえ細切れの学習時間であっても、継続して積み上げれば相当の時間になります。独学は「いつでも、どこでも」勉強できるのが大きな魅力です。今ではスマホ対応の語学学習アプリなどもあるので、気軽に始めることが出来ます。

2.費用が必要最低限に抑えられる

独学では、自分に合った市販の教材を使用して、学習をすすめることができるので、比較的安価で学習をスタートすることができます。

独学のデメリット

1.ネイティブスピーカーとの会話不足

英語を習得するうえで外せないのが、ネイティブとの会話です。独学では正しい発音や矯正が習得しづらいので、自分勝手に思い込んで「この単語はこんな発音でいいな」と曖昧になり間違った発音で覚えてしまいます。会話に重点を置きたい場合は、英会話スクールや発音矯正スクールを視野に入れた学習も必要になってくるでしょう。

2.質問や励まし合える講師・仲間がいない

独学では、単語調べも勉強法の確立も全て自分でする必要があり、直接指導してくれる講師や仲間の存在は有意義なものに感じられるでしょう。また、切磋琢磨するライバルがいないのはモチベーションを下げてしまう原因にもなりかねません。

3.間違った勉強法で遠回りしてしまう可能性

実力を客観視してくれるアドバイザーや講師の存在は、自分の弱点を知る上でとても重要です。自分の現状のレベルに適した学習があるので、独学だと思い通りに英語力が伸びず、特に初心者だと挫折してしまう可能性もあります。

では次に、英会話スクールを活用した学習を見ていきましょう。

英会話スクールのメリット

1.学習リズムがつくりやすい

英会話スクールでは学習者が着実に上達できるようプログラムが組まれているので、カリキュラムに沿った学習を進めれば、着実にレベルアップをしていくことができます。また悩みを相談できるキャリアアドバイザーやカウンセラーの存在は、学習に関するモヤモヤをなくし、勉強に集中できる環境の構築に役立ちます。

2.講師の指導能力が高い

スクールに在籍している講師は「教える」能力が高いため、学習の吸収効率が上がるでしょう。時にはジョークも交えて、勉強だけでない楽しい学習時間となるはずです。

3.ライバルや友人ができてモチベーションが高まる

同じ目標を持つライバルや友人は、モチベーションアップに最適な存在です。偶然の出会いが一生涯大切にできる存在になることもあるので、自分と違う価値観に触れるとより学習を豊かにさせることができます。

英会話スクールはあくまで手段の1つなので、自分に合った学習ができるかしっかりと吟味することも大事です。次はデメリットを見ていきましょう。

英会話スクールのデメリット

1.通学自体が目的になってしまうと効果が感じられにく

日々の仕事や家庭に追われて予習復習が疎かになると、「スクールに行ってさえいれば大丈夫」という考えになってしまいがちです。大切なのは授業時間だけではない、予習復習を含めた学習継続なので、スクールをうまく活用しながらも、自分自身の学習も忘れないようにしましょう。

2.受講料がかかる

当然のことですが、スクール通学と独学を比較すると英語学習にかかる費用は違ってきます。少なくないお金を使うのであれば、「本当にこのスクールは自分に合っているのか」とスクールの雰囲気やカリキュラムの説明をしっかりと聞いて、その必要性を吟味しましょう。投資を無駄にしないためにも、自分のレベルに合わせたスクール選びはとても重要です。

まとめ

スクールでも独学でも、英語を習得するうえで大切なのは「自己」と「環境」の相互作用です。1,000時間の学習を行ない、英語を習得するには効率よく学習を進める必要があります。上記を参考に、自分の力だけで学習を進めるのは難しいと感じる方は、英会話スクールなどの活用も検討してみるのもおすすめです。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、日本人英語学習者の特性を知り尽くした講師から、英語独特の発音や文法を学べます。また、定期的に行われるマイルストーン面談によって、学習の進捗確認やモチベーション管理を行うなど、「挫折させない」ための工夫がされています。
ロゼッタストーン・ラーニングセンターが気になった方は、ぜひ一度資料請求や自宅で受けられる無料体験レッスンをお申し込みください。

【通学・オンラインどちらのレッスンタイプも選べます!】

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ