TOEIC800点保有者おすすめ!英語学習を習慣化する1週間の勉強スケジュール|英語学習法|おすすめ学習法ブログ|英会話・仏会話のロゼッタストーン・ラーニングセンター

英語学習法

TOEIC800点保有者おすすめ!英語学習を習慣化する1週間の勉強スケジュール

英語力を伸ばしたいと思いつつも、英語学習が長続きしないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。そんなみなさんにおすすめなのが、英語学習を「習慣」にしてしまうことです。私たちが普段行っている歯磨きや入浴などといった習慣のように、英語学習も習慣にすることで「やらないほうがおかしい」と感じるようになります。

しかし、一体どのようにすれば英語学習を「習慣」にすることができるのでしょうか。そこで今回は、TOEIC800点保有者が実践した英語学習を「習慣化」する方法をお教えします。

長期目標を立ててからブレイクダウン

何事も、目標があるとやるべきことが明確化され、モチベーションアップに繋がります。英語学習でも、まずは目標を設定するようにしましょう。人は掲げた目標以上のことはできません。「本当にできるのだろうか...」などと思わずに、「通訳者になる」「海外勤務する」などといった大きな目標を立てましょう。

その次に、先ほど掲げた大きな目標を達成するために"やるべきこと"を考えていきます。例えば、目標のためにTOEICの高得点が必要なのであれば、目指す点数を具体的に定め、その目標点数と現在の英語力に見合ったTOEIC対策をする必要があります。さらに、「TOEICで○○点を取るためにすべきことは...」と考えていくと、"今やるべきこと"が見えてきます。みなさんもまずは長期的な目標を立て、それを細分化・具体化していきながら学習計画を立ててみましょう。

1週間の勉強スケジュール

ここからは、「英語学習の習慣化」のために、TOEIC800点保有者が実践してきたことをご紹介します。

1.学習時間は毎日3時間
2.内容
 2-1.英単語
 2-2.英文ニュースの読解
 2-3.英作文
 2-4.シャドーイング
3.土日や連休こそ勉強を止めないように

1.学習時間は毎日3時間

「毎日3時間の学習」と聞くと、もうそれだけで後ずさりしてしまう人もいるかもしれませんが、例えば、朝に40分、通勤中(往復)60分、昼休憩時に20分、帰宅後に60分を英語に費やすことで「合計3時間」の学習となります。毎日3時間の学習を続けると、1年間で1,000時間以上も英語学習をすることになり、その頃には確実にスキルアップしているはずです。

長年英語力不足に悩み続けるよりも、早く英語力を身につけてしまったほうが気持ちもラクになり活躍の幅も広がります。そのためにも、日々の学習時間を十分に確保し、短期戦で挑むつもりで英語学習に取り組みましょう。

2.内容

「毎日3時間」の英語学習の内容をご紹介します。

2-1.英単語

単語学習に苦手意識を持っている人は多くいますが、英語力を身につける上で英単語は切っても切り離すことができません。それならば、早いことマスターしておいたほうが、後々の学習が楽になります。

まずは、単語帳などを使って、一気に語彙力を伸ばしましょう。このとき、単に英単語と日本語だけを見るのではなく、例文も確認することで記憶が定着しやすくなります。また、英語でのリスニングやスピーキングに備えて、必ず発音も意識しましょう。

2-2.英文ニュースの読解

英文ニュースを読むことで、社会人として必要な英単語や表現などを学ぶことができます。また、毎日読み続けることで英語の長文を読むスキルと集中力が鍛えられていきます。

英文ニュースはインターネット上に溢れていますので、毎日新しい英文を読めるのも魅力です。スマホなどで簡単に読めますので、通勤中や昼休憩などのスキマ時間を使って数多く読むようにしましょう。

2-3.英作文

英語学習者の多くは英語を話すとき、「言いたいことを日本語で考える→それを英文にする→発話する」というプロセスを辿っています。しかし、それでは実際に発話するまでにかなりの時間がかかってしまいます。この問題を解決するために有効なのが、英作文の練習です。

英作文の練習を重ねることで、言いたいことを瞬時に英語にしてアウトプットできるようになります。英語で日記をつけたり、ふと思ったことを瞬時に英語にしたりするなど、英作文の特訓をしておきましょう。

2-4.シャドーイング

シャドーイングとは、英語を聞きながらそれを真似して後から発話する学習法です。「聞く」「話す」を同時に行うので難易度は高いですが、それだけ学習効果も上がります。シャドーイングをすることで、リスニング力やスピーキング力はもちろんのこと、常に英文を前から順に理解していくためにリーディング力が鍛えられ、単語力や文法力の定着にも繋がります。

シャドーイングの音源は長文だと負荷がかかりすぎるため、TOEICのPart1やPart2のリスニング問題のような短文のものから始めるのがおすすめです。

3.土日や連休こそ勉強を止めないように

仕事がお休みの日は、日頃の疲れから解放されてのんびりしたり、好きなことに没頭したりしたくなります。しかし、ここで学習を止めてしまうと、せっかく定着し始めていた英語学習の習慣がリセットされてしまいます。

土日や連休など、まとまった時間を作りやすい時こそ、英語学習に打ち込む絶好のチャンスです。ここで英語学習を続けることが、英語学習の「習慣化」に大いに繋がるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。英語学習を続けようと意気込むよりも、「習慣」にしてしまったほうが随分とラクになります。まずは3日、1週間、そして3週間、毎日の生活の中で英語を意識することで、英語学習が次第に習慣化されていきます。

また、毎日の英語学習内容に困らないように1週間の勉強スケジュールなどもご紹介しましたので、そちらも参考にしながら、英語学習を習慣化することを目指してみましょう。

なお、ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)では、日本人英語学習者の特性を知り尽くした講師とともに、キャリアナビゲーターがしっかりと学習進捗のサポートをします。

ロゼッタストーン・ラーニングセンターが気になった方は、ぜひ一度資料請求や自宅で受けられる無料体験レッスンをお申し込みください。

【通学・オンラインどちらのレッスンタイプも選べます!】

【詳細ページ】ロゼッタストーン・ラーニングセンター(RSLC)の詳細を見る

Copyright © Dean Morgan KK. All Rights Reserved.

ロゼッタストーン
ラーニングセンター
TOPへ